台本【オレンジの迷信行動】

クリックで画像を表示
2013年8月9日~18日サンモールスタジオにて上演。

■作品紹介
とある老人ホームの一室。
老人は自分の生涯を振り返りながら、
“死”を意識する。

目を開けるとそこは不死の世界になっていた。
“死”が無くなった世界で、老人は自らの過去を遡り、罪のあり方を問う……。

彼はかつて死刑裁判の弁護人であった。
「弱い人」の側につくと決めて生きてきた人生。
その弱い人たちの死を数多く飲み込み、
その都度自分の行動を責めた。

「もしあの時こうしていたら……。」

この世界で、唯一死ぬ事が出来るのは、この老人だけである。
今日、この老人は死ぬ。
彼がゆっくり目を閉じた時、世界は歓喜であふれる。

カートの中身

カートに商品は入っていません